Rhinoceros 製品情報

機能紹介

Flamingo は、AccuRender新たにウインドウが開きますの持っているレイトレースとラジオシティのレンダリングテクノロジーの全機能をRhinoに移植したものです。

レンダリング
反射、屈折、拡散、半透明、透明度、色のブリージング、ClearFinish(クリアフィニッシュ)等で定義可能なマテリアルと、各種の光源、影、フィールドの奥行き、減衰距離、間接光等の設定により写真のようにリアルなレンダリングが出来ます。
アニメーション
カメラ・ターゲットパス・アニメーションや、ウォークスルー・アニメーションが可能です。 時間を指定した季節の変化や、日中の時間によって変化する日照アニメーションによって景観のシミュレーションが可能です。
他の機能
フラクタル生成される3Dの樹木、草花、観葉植物等のプラントライブラリーを季節毎に用意してあり、マテリアル同様編集可能です。
また、3Dクラウド(雲)や、密度・透明度・XY方向のスケール等が調整可能なシートクラウドによって、より自然な空の表現が可能です。
Flamingo を使用するためには、Rhino4.0が必要です。

特徴
    FLAMINGO使用作品の画像
  • サーフェスに付けられているプロパティから、ライト、影、マテリアル、透明度、拡散、反射、ClearFinish新たにウインドウが開きます(クリアフィニッシュ)、屈折を計算します。Flamingoによる正確にライティングされたモデルは、洗練された効果と高品質のイメージを作り出します。
  • 操作は簡単で、Rhino上で違和感無く使用することができます。またレンダリングイメージの作成時間を短縮し、処理を単純にする多くの数々の機能を備えています。
  • レイトレーシングとラジオシティの両方を使用し、洗練された単一フレームイメージ、パノラマ、アニメーションを作成することができます。
  • レイヤーまたはオブジェクトにマテリアル情報を割り当てることができます。
  • A間接光、ハード/ソフトシャドー、色のブリージング、反射、半透明、透明、屈折、フィールドの奥行き、減衰距離を自動的に計算します。
  • パノラマファイルを作成することができます。パノラマファイルを表示すると、レンダリングイメージの中を移動しながら確認することができます。
  • マルチプロセッサとバックグラウンド処理をサポートしています。
  • 実物のように数学的処理で生成された3D植物(実物のように影や反射のついた季節ごとの)があらかじめ用意されています。
  • 多数のマテリアル、植物、照明器具が用意されています。
  • Rhino上で動作します。変更したモデルを直ちにレンダリングできます。エクスポートしたり立ち上げ直したりする必要はありません。
  • ラジオシティ技術で、他に類を見ないイメージの品質と正確さを表現できます。
  • インタラクティブな操作のラジオシティとレイトレーシング
  • モデルの周辺をウォークスルーまたはフライバイによるビューポイントアニメーション
  • 太陽光のアニメーション
  • 空間分割による最適化
  • 反射、透明、影を施したクイックレイトレースレンダリングのオプション
  • 画面上でプレビューしながら除々に最適化するレンダリングアルゴリズム
  • OpenGLによるモデル上をインタラクティブウォークスルーまた、ラジオシティソリューション
  • ウィンドー内の部分的レンダリング
  • 2点・3点遠近法投影
  • マテリアルの割り当て、ライテイング、植物、露出、太陽と空、レイトレース、環境の設定などの保存と呼び出し
  • ラジオシティソリューションの保存と呼び出し
  • バッチレンダリング
  • Windows 2000/Xp/Vista環境でのマルチプロセッサーのサポート
  • バックグラウンドの処理
  • マテリアル、ライト、植物を参照することのできるグラフィックライブラリ
  • 総合的なマニュアルとオンラインヘルプ

イメージの品質
  • ラジオシティとレイトレーシングを組み合わせた最高品質のイメージ
  • 写実的鏡面反射と透明
  • 全ての光源からできる影の効果
  • ソフトシャドーエッジとぼやけた反射と半透明
  • Refraction(屈折光) and caustics
  • フィールドの奥行き
  • 透明なマテリアルの減衰距離
  • 広範囲にユーザーコントロールによる適応確立サブピクセルサンプリングによるアンチエリアシング
  • 24ビットまたは32ビットカラー出力(1670万色プラスアルファチャンネル)
  • スクリーンには影響されない解像度 (ディスクスペースの制限あり)
  • WYSIWYG 256, 32,000, or 16.7 million color display.
ライティング
  • 遠隔、点、スポット、線形、矩形光源、goniometric、太陽、地面、空、ユーザー定義の光源
  • 300以上のいろいろな種類の照明器具
  • 無制限の光源数
  • Physically based light sources and illumination algorithms.
  • 照明装置製造データ(IES)をサポートしている照明器具
  • 正確な昼光シミュレーション(太陽、空、地面、雲に覆われたコンポーネント)
  • 緯度と暦の月と一日のうちの時間を指定して計算された日照角度
  • 地理上の位置を地図と都市リストから選択
  • 正確な日照時間の計算
  • スポットライトの焦点を図形的に調整
  • オブジェクトごとに影の作成をオン/オフ
  • ライトの色をRGBまたはケルビンで調整
  • ライトの強度をワット、ルーメン、またはマックスカンデラで指定
照明解析
  • 発光または照明の擬似的イメージの表示
  • どんなサーフェスもインタラクティブに計測分析
Environment
  • ソリッド色、グラデーション色、イメージマップを含む背景オプション
  • 背景イメージのライブラリー
  • 地平面へのマテリアルの設定
  • Procedural clouds(雲の設定)
  • Depth cue control
  • クリッピング平面のサポート
  • かすみ
アニメーション
  • ビューポイントアニメーション(ウォークスルーとフライバイアニメーション)
  • OpenGLを使ったプレビュー
  • 複数の込み入った2Dまたは3Dポリラインターゲットとカメラパス
  • パンとズーム
  • 日毎または季節毎の影の計算を施した日照アニメーション
  • AVIファイル出力または個々のフレームをTGA, TIFF, JPEGまたはBMPで出力
マテリアル
  • 広範囲に渡るマテリアルライブラリー
  • 複数のライブラリーのサポート
  • レイヤーまたはオブジェクト毎にマテリアルを割り当て
  • 幾つかのマテリアルのレイトレースプレビューを瞬時に確認しながらのインタラクティブマテリアル編集
  • Physically based material properties.
  • 反射と透明度と屈折のインデックスを含んだプロパティ
  • 透明なマテリアルに対して減衰距離コントロール
  • カスタマイズ可能な2Dまたは3Dプロシージャルテクスチャ (大理石、花崗岩、木材、タイル、マスク、ブレンドを含む)
  • 複数のプロシージャルテクスチャを持つ複合マテリアル
  • 3Dプロシージャルバンプマップ(細/粗デクスチャーとウエーブを含む)
  • RGBとHSBカラー体系
  • ビットマップのサポート
  • TGA,とBMPとJPEGファイルフォーマットのサポート
  • 色、透明度、バンプマッピング
  • タイル、デカール、背景のビットマップ
  • 平面、円柱、または球状投影によるデカール
  • 各オブジェクトに複数ビットマップ
  • 感度設定ができる色除外
  • 調整可能な透明度
景観
  • フラクタル生成された3D植物の広範囲に渡るライブラリー(湿地/乾燥気候地帯の植物、寒/暖気候地帯の植物、下植え、又は観葉植物
  • ビットマップマスクされた茂みの形状
  • 複数のプレビューがあるライブラリーブラウザー
  • レンダリング時に単純ワイヤーフレームオブジェクトからの生成
  • どんなオブジェクトも植物としてのタグを付加
  • 高さや幹直径による大きさの指定
  • 低い枝の刈り込みツール
  • 茂みの密度のコントロール
  • 季節のコントロール
  • 植物を作成、編集する際のインタラクティブ植物エディター