Rhinoceros 製品情報

機能紹介
Rhino 4.0 は、100種以上にもおよぶ新機能や機能拡張を組み入れた、これまでにないアップグレードを行いました。
モデリング機能強化
徐変ブレンドツール、改良されたブーリアン、G-infinity™新たにウインドウが開きますブレンドツール。
編集ツール
あらゆる座標系での自由変形を可能にするUDT ツール、ポリサーフェスやソリッドの直接編集、基本カーブの変更によってサーフェス編集を行うヒストリー機能。
インターフェース強化
SmartTrack™(スマートトラック)技術、ビデオクリップ付ヘルプ。
表示機能
最新のグラフィックボード機能を最大限に発揮。高度な表示設定、新解析ツール、デュアルモニターのサポート。
レンダリング
新レンダリングエンジンを採用。 Flamingo、PenguinだけでなくもV-RayやMaxwellといったサードパーティレンダラもこれまで同様使えます。
作図機能
線種、線幅、陰線、寸法、ハッチング、印刷レイアウト。
メッシュ機能強化
メッシュのモデリング、編集、解析、修復。ラピッドプロトタイピングのためのSTL修復ツール等。
解析
計測と表示のための新たな解析ツール。モデルデータの問題抽出、評価ツール。
レイヤマネージメント
階層的なレイヤマネージメント、ファイルロック機能。ワークセッション、ブロック機能の強化。
互換性
PDF、 AdobeIllustrator8以降、STEP、DWG/DXF、の強化に加えPLY、DGN、FBX、 Google Earth、SketchUP、WAMITを新たにサポート。
開発ツール
ユーザーならびにサードパーティ開発者のためのSDK(Software developer tools-kit)。