Rhinoceros 製品情報

今や自由曲面形状作成のスタンダードツール。それがRhinoceros(ライノセラス、通称ライノ)バージョン4です。モデリング機能が一層強化された上に、ラピッドプロトタイピング、リバースエンジニアリングに役立つ機能が充実。デザイナー・クリエーターだけでなくもの作りに関わる全ての方にとって必要不可欠な3次元モデリングツールです。
製品紹介
厳選された新機能・機能拡張
Rhinocerosの開発の原点はユーザーの声。世界中の様々な業種・業態の方々から寄せられたRhinocerosに対する要望事項。それらを一つ一つ吟味、検討を重ねバージョン4.0に搭載。期待通りの機能に、思いのままモデリングをすることができるでしょう。

G-Infinity Blending
ブレンド曲線、ブレンドサーフェスの形状をインタラクティブに編集 曲線の端点、サーフェスのエッジ端末ごとに連続性を設定
G0, G1, G2, G3, G4連続をサポート
ブレンド曲線、ブレンドサーフェス形状のインタラクティブ編集画面

可変ブレンドツール
■各種フィレット作成コマンドを機能拡張
 ・可変半径フィレット
 ・可変半径ブレンド
 ・可変半径面取り

■徐変フィレット(異なる半径でフィレット生成)
徐変フィレット画面

■3種類のレールタイプ
3種類のレールタイプ画面

■プレビューによるインタラクティブな操作
プレビューによるインタラクティブ操作画面

ヒストリー機能
  ・コマンドに、ヒストリー(作成の履歴)機能を付加
 ・作成に使用したオブジェクトの変更に追従することにより、
  左右対称形状の作成に効果発揮
 ・ヒストリーステータスバー: ヒストリー付加の切換え
ヒストリー機能画面

UDT(Universal Deformation Technology™)
■オブジェクトの整合性を維持しながら、曲線、サーフェス、メッシュ、ソリッドを変形

・これまでソリッド、ポリサーフェス状態での形状の微修正、変形をさせることができませんでしたが、UDT技術の導入によりデザイナー、設計者の思いのままに形状変形をさせることが可能になりました。
UDT画面
UDT使用でのアニメーション


インターフェース/表示機能
■スマートトラック(SmartTrack™)
 ・スマートポイント(参照点)、トラッキングライン(参照線)を
  表示することにより、作図作業を効率的に行えます。
スマートトラック画面

■ユニバーサル作業平面
 ・モデリング工程に合わせ任意に作業平面を設定。
  各ビューポートも連動することから複雑な形状作成もストレスなく行えます。

充実した入出力機能
■これまでの豊富な入出力フォーマットに加え、更に次の形式が追加・機能拡張されました

・PDF, Adobe Illusrtrator(バージョン 8以降), STEP, DWG/DXF(〜AutoCAD2006), Google Earth(出力:*.kml), SketchUP(入力:*.skp)等々。

2D作図機能
  ・線種、線幅、ハッチングのプロパティ追加
 ・印刷機能の拡張: 印刷レイアウト