Rhino 7 

フリーフォーム、高精度

SubD、Rhino.Inside.Revit、

QuadRemesh、その他の機能を搭載

12/10/2020

Rhino7の販売を開始しました。

ghcp_banner06_s.png
 

About Rhinoceros

Rhinoがあればカタチを作り、編集し、解析、図面やレンダリング画像、アニメーションの作成、そして形状や次数、大きさの制約なしにNURBSカーブ、サーフェス、ソリッドを変換することができます。

Rhinoが生み出す自由形状の3次元モデリングは、あなたのイメージを正確にカタチにします。使われる分野も自由様々。工業デザインはもちろん、機械設計、金型設計、試作、製造、建築、宝飾、マルチメディア、FEM・CFD等解析など、Rhinoは使う人や分野を制約することはありません。

※各画像をクリックすると大きな画像がご覧いただけます。

塚本 カナエ - Kanaé Design Labo -

塚本 カナエ - Kanaé Design Labo -

Rhinoceros,Grasshopper

白木 ゆみ香 - YUMIKA design -

白木 ゆみ香 - YUMIKA design -

Rhinoceros

乙部 博則 - otobe. design -

乙部 博則 - otobe. design -

Rhinoceros

水野 健一 - 有限会社D-WEBER -

水野 健一 - 有限会社D-WEBER -

Rhinoceros

寺西 保夫

寺西 保夫

Rhinoceros

澄川伸一

澄川伸一

Rhinoceros

大出 耕一郞

大出 耕一郞

Rhinoceros

松岡晃代

松岡晃代

Rhinoceros,Grasshopper

江口 海里

江口 海里

Rhinoceros

吉田 真也

吉田 真也

Rhinoceros

建築用プラグインVisualARQ

建築用プラグインVisualARQ

Rhinoceros,VisualARQ

秋山 かおり

秋山 かおり

Rhinoceros,Grasshopper

小宮山洋

小宮山洋

Rhinoceros,Grasshopper

Rhinoceros 建築モデリング入門

Rhinoceros 建築モデリング入門

Rhinoceros,Flamingo

片山 次朗

片山 次朗

Rhinoceros

手島 彰

手島 彰

Rhinoceros

Rhino7の新規搭載内容

Rhino 7は、私達の歴史の中で最も重要なアップグレードです。有機的な形状を作成できる SubDツール 、RhinoやGrasshopperをRevit®のアドオンとして実行できる Rhino.Inside.Revit 、NURBSジオメトリやメッシュから整った四角メッシュを作成できる堅牢な QuadRemesh アルゴリズムを新規に搭載し、まったく新しいモデリングワークフローを実現しました。また、多くの既存の機能に改良を加えました。 ハイライトをご覧ください…

SubD

有機的な形状を素早く探索する必要があるデザイナーにとって、SubDは、編集可能で高精度な形状を作成できる新しいジオメトリタイプです。他のジオメトリタイプとは異なり、SubDは迅速な編集とフリーフォームの精度を兼ねています。             開発元詳細ページへ

Rhino.Inside.Revit

Rhino.Inside.Revitは、RhinoとGrasshopperの力をAutodesk Revit®の環境に統合します。               開発元詳細ページへ

QuadRemesh

既存のサーフェス、ソリッド、メッシュ、またはSubDから素早く四角メッシュを作成します。レンダリング、アニメーション、CFD、FEA、リバースエンジニアリングに最適です。                                       開発元詳細ページへ

プレゼンテーション

Rhino 7では、Rhinoのレンダリングエンジンを大幅にアップデートしてワークフローを合理化することでプレゼンテーションツールを改良しました。それにより、レイトレースビューポートで得られる外観を変更をまったく行う必要なくレンダリングできるようになりました。また、PBRマテリアルのサポート、LayerBookコマンドなどを追加しました。

pbr.png

物理ベースのレンダリングマテリアルは美しく使い方も簡単です。

ノイズ除去機能を使うと、わずかな時間で質の高いレンダリングを作り出すことができます。

家電製品でよく見かける自己発光型のオブジェクトを作成します。

光がシーン内を進む際に、光源の強度がどのように変化するかを指定します。

layerbook.gif

レイヤブックでアイデアを素早く伝えます。

gradient-hatch.jpg

数ステップで魅力的な2D表現を作成します。

Rhinoをより便利に

Rhino 7では、数多くのバグを修正しました。また、名前の付いた選択セット、金型作成ツール、刻印用のシングルラインフォントなどのワークフローの改善、サードパーティのファイル形式との相互運用性の向上なども行いました。

​表示

最新のグラフィックスハードウェアにに対応できるように私共は常にRhinoの表示パイプラインを改良しています。Rhino 7では、WindowsとMacの両方でいくつかのモデルで表示が大幅に高速化されます。また、表示モードにもいくつかの改良を加えました。驚いていただけると思います。

                                                       開発元詳細ページへ

ドキュメンテーション

モデリングはデザインプロセスの単なる一部であり、モデルをどのようにして作成するのかを示すことも必要です。Rhino 7では、ドキュメンテーションのワークフローに多くの改良を加えました。透明やグラデーションのハッチングのようにグラフィカルな機能を強化したイラストレーションツールの搭載も行いました。

gradient-hatch.jpg

数ステップで魅力的な2D表現を作成します。

layoutpanel.png

多くの図面があるモデルをより簡単に管理できるように、縦方向にレイアウトの一覧が表示されるパネルを追加しました。

textfield.jpg

テキストフィールドは、動的に更新できるテキストの式です。

Grasshopper

ここ最近、Grasshopperをいろいろな場所でお使いいただいているケースを見ます。(他のアプリケーションでもお馴染みのキャンバスを見かけることがあるかもしれません)。Rhino 7では、いくつかの新しいコンポーネントを追加しました。また、プログラムをプラグインにするのを簡単にすることを可能にしました。

grasshopperplayer.jpg

Grasshopperの定義をRhinoのコマンドにします。

layoutpanel.png

オブジェクトが同じ空間を占めている箇所を素早く見つけることができます。

textfield.jpg

不明なプラグインのためのプレースホルダーのコンポーネント

開発プラットフォーム

Rhino 7では、 APIの改良 、 ドキュメンテーションの改善 、そして ジオメトリ開発のプラットフォーム の基盤を広げる新たな機能など、 無償のSDK に大幅な改良を加えました。

packagemanager.png

リソースの検出、インストール、管理

rhino3dm.png

ほぼどこからでもRhinoの3dmファイルを読み書き可能

rhinoinside.png

他のアプリケーションの中でRhinoやGrasshopperにアクセス

rhinoinsoderevit_s.jpg

RhinoとGrasshopperをRevit内で実行します。

rhinocommon.png

SubD、QuadRemesh、PBRマテリアル、その他のAPI

すべての新規搭載内容を見るには

上にないものも含めて、すべての新規搭載内容を見るには、ヘルプページの Rhino 7での新規搭載内容 をご覧ください。

 
 

Rhino7に標準搭載:Grasshopperの概要

下のメニュー右から4番目のアイコンから字幕をオンにしてご覧ください。

Grasshopperコンポーネントについて

GrasshopperコンポーネントIndexページでは、Rhino6に搭載のGrasshopperの全コンポーネントの機能や、重要コンポーネントの詳細説明などをご覧いただけます。また、解説動画も不定期でアップしています。

 

動作環境

Rhino 7 for Windows

ハードウェア

  • 64ビットのIntelまたはAMDプロセッサ(ARMはサポートしていません。)

  • 63より多いCPUコアは対応外

  • 8GBのメモリ(RAM)またはそれ以上を推奨

  • 600MBのディスク空き容量

  • OpenGL 4.1対応のグラフィックスボードを推奨

  • 4GBビデオRAMまたはそれ以上を推奨

  • クロールホイールのある複数ボタンのマウスを推奨

  • オプションで SpaceNavigator

  • オプションでBoot Campを搭載したApple Intelハードウェア
    (Boot CampはApple Silicon MのMacではサポートされていません。)

対応OS

  • Windows 10、8.1(すべて64ビットのみ)

​​

対応していないもの

  • Windows 8およびそれ以前のもの

  • Windows Server (すべてのバージョン)

  • Apple Silicon M1のMacでのBoot Camp

  • VMWare、Remote Desktop、Parallelsなどの仮想化システム

  • Linux

  • Microsoft SQ® 1および2を含むARMプロセッサ

Rhino 7 for Mac

ハードウェア

 

対応OS

  • macOS 11 (Big Sur)

  • macOS 10.15.7 (Catalina)

  • macOS 10.14.6 (Mojave)

対応していないもの

​※プラグインには対応していません。

​3つのライセンス認証
  1. Cloud Zoo - ログインすることで世界のどこにいてもRhinoのライセンスを使用できます。

  2. スタンドアロン - 1つのコンピュータでRhinoのライセンスを認証する方法です。

  3. Zoo - 複数のRhinoのライセンスをプライベートネットワークでフローティングして使用する方法です。

※ライセンス種別により使用可能な認証方法が異なります。詳しくはこちら

 

価格・ご購入方法

Rhino 7

商用版  144,000円(税別)

教育版  36,000円(税別)

アップグレード版  ¥86,000 ¥57,000(税別)※キャンペーン価格(2021年3月10日まで)

製品のご購入方法は、以下からお選びいただけます。

 
 

サポート

サポート対象ユーザー

正規ユーザー登録をされた法人のご担当者または個人に限ります。

サポート事象

ソフトウェアのバグ及び障害

初期導入時の問題(インストール・トラブル)等

 

お電話によるお問合せ

電話受付時間:am11:00~pm3:00​ (土日祝祭日、弊社指定休業日を除く。)
 

注)電話番号はお間違えのないようお願い致します。

※ユーザー登録の変更は、よくある質問の「ユーザー登録」よりお手続きください。

■製品の購入など一般的なお問い合わせ

【TEL】03-6825-8431

■購入後のインストールエラー・トラブルに関するお問い合わせ

【TEL】03-6825-9910

 

お問合せフォーム

フォームからのお問い合わせは24時間365日受け付けております。

 

Rhinoceros販売代理店一覧

SCSK株式会社

製造エンジニアリング事業本部 

デジタルエンジニアリング部

TEL:03-5859-3006

株式会社Too

デジタルメディアシステム部  

TEL:03-6757-3145
Too大阪支社  

TEL:06-6459-4630
Too名古屋支店  

TEL:052-238-0777

ソフトバンクコマース&サービス株式会社

シネックスジャパン株式会社

ダイワボウ情報システム株式会社

株式会社シノダ

ES事業部

TEL:03-5577-4438

ディプロス株式会社

TEL:052-857-0120​

株式会社BusinessMake.com

TEL:03-5828-7731​

株式会社アメリオ

TEL:053-488-4875

ローランド ディー.ジー.株式会社

東京営業所 クリエイティブセンター  

TEL:03-5840-7242
名古屋営業所 クリエイティブセンター  

TEL:052-804-9151
大阪営業所 クリエイティブセンター  

TEL:06-6398-2686​

彫金教室アトリエアーク

TEL:06-6644-4668​

株式会社システムクリエイト

TEL:06-6618-8555​

株式会社ドリーム・ジーピー

TEL:06-4708-4877

3D GEOKOSMOS株式会社

TEL:03-6820-2318

スガテック3Dシステムサービス株式会社

TEL:03-6862-3041

武藤工業株式会社

TEL:03-6758-7123

株式会社アルゴリズムデザインラボ

TEL:03–6337-5343

株式会社C&Gシステムズ

金型ソリューション部 

TEL:03-5793-5525

株式会社ケイズデザインラボ

TEL:03-6433-5013​

株式会社ディビジョン・エンジニアリング

E-Mail:info@w3.division-engineering.com

石坂商事株式会社
TEL:076-291-2101

兼松エレクトロニクス株式会社

第二ソリューション営業本部 PLMソリューション部  TEL:03-5250-6073
E-Mail:PLMinfo@kel.co.jp

株式会社牧野フライス製作所

製造ソフトウェア事業部  

TEL:03-3724-3653

FAX:03-3724-2815

コンセントレーション・ヒート・アンド・モーメンタム・リミテッド(CHAM-Japan)

TEL:03-5210-9356 

E-Mail:info@phoenics.co.jp

株式会社グローバル BIM

TEL:03-6438-2760

Malloc Code 株式会社(マロックコード)

ソフトウェア事業部(CAD SHOP)

TEL:03-5962-0296

株式会社アルファコックス

TEL:03-3485-8196

E-Mail:sales@alphacox.com

株式会社ラムダデジタルエンジニアリング

E-Mail:info@lambda-digital.co.jp

株式会社白矩

VUILD株式会社

 

Rhino関連サイト

Rhinoceros最新情報

Rhinoceros最新情報AppliCraftが運営するRhinoceros最新情報ブログ。

きょうのサポート

きょうのサポート アプリクラフトが運営するRhinocerosサポートブログ(2017.5まで)。

れんだまん

れんだまん AppliCraftが運営するRhinocerosレンダリングのaTips集ブログ。

ばったまん

ばったまん AppliCraftが運営するGrasshopperのTipsブログ。

Food4Rhino

Food4Rhino RhinoとGrasshopperの各種プラグインがダウンロードできるサイト。

Rhino-GH.com

Rhino-GH.com 株式会社日建設計、合同会社髙木秀太事務所による、「Rhinoceros/Grasshopperを建築分野で用いる事」を想定・特化した独学用webサイト

Rhinocerosデザインモデリングワークショップ

Rhinocerosデザインモデリングワークショップ プロダクトデザイナーがコンピュータを使ってデザイン作業を進める時に使うソフトウェア(Rhinoceros3D 5, V-ray for Rhino, T-spline, Photoshop)の使い方を実作業に即して紹介

DMM.make

DMM.make つくる 知る 誰でもカンタン Rhinoでモデリング、そしてDMM.makeにアップロードすれば、思いのままのカタチを、思いのままの素材で、色で3Dプリント出力できます。アップロード用データ作成までのチュートリアルビデオも紹介

株式会社アメリオ

株式会社アメリオ 技術コンサルティング、新技術開発・教育、技術系ソフトウェア開発。 3次元図形処理アプリケーション開発支援ソフトウェア開発キット情報あり。ビューワーダウンロード有り。

株式会社オーク:V-Ray for Rhino

株式会社オーク:V-Ray for Rhino Rhinoceros用の高速でスマートな物理ベースのフォトリアルレンダラー。 プリセットからの簡単設定だけでなく、高度で詳細な設定にも対応。 Grasshopperからの直接レンダリングもサポート。

株式会社ファーストキャメル

株式会社ファーストキャメル ジュエリーCADスクール「La Vague(ラヴァーグ)」を運営。Rhinocerosを使ってジュエリーメイキングを教えているジュエリーCADに特化した唯一の専門学校。

Rhino +

Rhino + Rhinoceros用のプラグイン およびそのプログラムを公開

 

会社概要

株式会社アプリクラフトは、コンピュータ上で動作する、2D/3DのDTP、CAD、CG等、ベクトルグラフィックス技術とその視覚化技術を主とした、アプリケーションソフトウエアの販売・サポート・コンサルティングを行っている会社です。

株式会社アプリクラフト

事業内容

  • CAD

  • CG

  • DTPアプリケーションの販売・サポート・コンサルティング

代表

女井 誠司

本社

〒151-0053
東京都渋谷区代々木1-13-8 山野代々木ビル4F
TEL:03-6825-8431 FAX:03-6825-8432

  • White Facebook Icon
  • White Twitter Icon
  • White YouTube Icon

Copy Right©2018-2021 AppliCraft CO., LTD. All Right Reserved.

白木 ゆみ香 - YUMIKA design -

Rhinoceros

Go to link